Search in:

男女で給料って違うもん?

収入

Q.薬剤師の男女差について

薬剤師として勤務をしている30代女性です。

これまで仕事をしていく上で特に意識したことはなかったのですが、先日大学時代の同級会に行った時に男性の同級生たちが明らかに私よりも高い年収を受けていることがわかりかなりショックを受けています。

現在の職場は働きやすいところですし、これまで給与についても特別に不当に安いと感じたことはなかったのですが、正直同じような仕事と進路をしているはずの男性薬剤師の方が全体的に高い給与をもらっていることがわかってからは不公平感で胸がモヤモヤしています。

実際のところ、同じ薬剤師という仕事であっても男女で給与の額の違いというのはあるものなのでしょうか?

A.平均年収は約70万円ほどの開きがあります

残酷なようですが、薬剤師に限らず医療関連の仕事においては同じ資格を所有していても男性の方が平均的な年収額は高くなる傾向があります。

薬剤師だけで比較をすると、男性薬剤師全体の平均年収は約570万円、女性の場合は約500万円です。

単純にデータだけ見ると、年間で約70万円も収入に開きがあるわけです。

ですがこれは女性薬剤師が結婚や出産のためにキャリアを中断してしまうことや、パートや非正規での業務について復帰するということなども影響しているので、全く同じ仕事をしていてこれだけの差がつくと単純に比較をすることができるものではありません。

もうひとつ言うと、男性で薬剤師の資格を得ている人は確かにたくさんいますが一生薬剤師として調剤関連の仕事につくことを考えているという人はそう多くありません。

薬剤師からドラッグストアの店長のような販売業務に行ったり、民間の研究所に転職したりと実質的に薬剤師を辞める選択をする人も多く見られています。

その半面で調剤薬局では各支店で店長となる人材を必要とするので、残った長く勤務をすることができる男性が給与の高い支店長クラスの役職につくことになるというわけです。

給与の額に不満があるなら薬剤師の場合待っているよりも自分から積極的に転職などを額を高めていくという方法が一般的です。

ただ転職をしてもそれですぐに給与が劇的に高くなるという保障もないので、他の条件と合わせて考えて働きにみあった額がもらえる職場を選んでいきたいですね。