Search in:

ママ薬剤師は扶養内で働くべきですか?

扶養内とはどういうことですか?

ママとして薬剤師で働く場合は、年収が一定額以内だと社会保険が免除となり、さらに夫の所得税も安くなります。
その一定の金額の範囲で働くというのが扶養内ということであり、夫に扶養されながら働くという意味になります。

年収いくらだと扶養内と言えるかは、まずは103万円が目標となります。
年収103万円以内であれば、妻の所得税が0円となり、夫も配偶者控除が使えて所得税が安くなります。
これは38万円の基礎控除と65万円給与所得控除があるためです。
ただし自営業だと適用されないので、夫が自営業の場合は気をつけるべきです。
このように合計して103万円以内であれば、控除によって所得税が0円となるのです。

年収130万円以内であれば、社会保険料が免除となり、141万円未満であれば夫は所得税の特別控除が使え、141万円以上の年収となるとこれも使えなくなりますので、完全に扶養外となります。
このように年収によって段階的に使える控除が違いますので、どうするか考えるべきです。
しかし年収が141万円よりも大幅に多いようなら、完全に扶養のことは考えずに働いた方が良いでしょう。

また2016年10月からはパートで働く場合は、月収8.8万円以上、年収106万円以上となると、社会保険の支払い義務が生じる場合があります。
ただし従業員501人以上、週20時間以上働く人が対象となります。

扶養内で損をしないように働くためにはどうすればいいですか?

住民税や夫の年収によっても、変化してきますので、一概に年額いくらまでなら得だとは断定できません。
しかし年収103万円以内なら確実に控除が使え、年収130万円前後となると控除が使えるぎりぎりの範囲となりますので、このあたりがラインです。

考えるべきは妻は住民税・所得税・社会保険を支払うのかどうかという点であり、年収いくらまでなら支払わなくて良いかを考えるべきです。
年収103万円以内ならこれらは支払わずに済み、130万円以内なら社会保険は支払わないで済み、それ以上だとすべて支払うことが多いです。

つまり年収130万円以上だと税金を支払い手取りが少なくなり、年収130万円以内の人よりも手取りが少なくなる可能性があります。
しかし現在は女性が年収103万円以上で働くような場合も多く、女性が積極的に社会進出をしていくには、この壁は妨げだと言う意見もあります。
そのために、労働人口確保の意味からも、今後は扶養範囲内という控除の仕組みが見直されて、更に多くの年収でも働きやすくなるかもしれません。

働くならまずは扶養内のことは考えずに、自分の負担にならないような範囲で少しだけ働いてみるのが良いでしょう。