Search in:

薬剤師の初任給はいくら?

薬剤師の初任給はいくらですか?

薬剤師の初任給は職場によって違いますが、気をつけなければいけないのは、初任給が高いからといって生涯年収も高くなるとは限りません。
初任給が低くてもベースアップ率が高く、生涯年収がサラリーマンを越えるような職場もあります。

薬剤師は比較的男女間での差額が少ないことや、出産してもすぐに復帰して働いて稼げるような職業であり、恵まれてはいます。
女性が多い職業ではありますが、男性でも薬剤師を目指す人は増えています。
どこで働くかで、初任給や生涯年収は違ってきます。

薬剤師の初任給は職場によって違いますか?

・病院

一番初任給が低いのが病院であり、大卒で20万円またはそれより数万円高いぐらいです。
薬学部は6年制に変わったので、他の学部と比べると割にあわないかもしれません。
一般的に病院薬剤師は稼げないと言われており、病院を目指す人は給与をあてにする人は少ないようです。
治療に関われたり、最新の医薬品を扱えるなど、給与以外のことも求める人が多いです。

・調剤薬局

薬剤師の中では高めです。
初任給は低くて22万円程度、多いと30万円ほどにもなります。
これは他の一般的な職業では、考えられないような高い金額です。
ただし店舗の場所や、交通の便は良いのか悪いのか、大手なのかどうか、チェーン店かどうかなどでも大きく変わってきます。
チェーン店の場合だと全国で一律いくらと初任給は決まっていますが、地域だと地域手当があるので、都心よりも高くなります。
やはり中小の薬局の方が初任給は高いです。

・ドラッグストア

ドラッグストアの場合は、調剤薬局とさほど変わりませんが、薬剤師手当というものが支給されます。
これにより初任給は25万円~35万円と薬局よりもさらに高くなります。
しかしドラッグストアだと、調剤以外にもレジや品だしなどの雑務もしなければいけません。

・製薬会社

薬剤師の初任給の中で最も金額の幅が広いのが製薬会社です。
製薬会社の規模と職種に左右されます。
営業職であれば20万円から30万円ぐらいであり、それ以外だと20万円から25万円ぐらいです。
初任給こそ低めですが、とにかくベースアップ率が高く、長く務めれば務めるほど給与は高くなっていきます。
50代になれば年収1,000万円も可能です。
他の職場と比べると、伸びしろの多い職業と言えます。
定年まで働けば、生涯年収は医療機関で働くよりも多くなります。

職種別で見ると、初任給はこのように違いがあります。
ただし初任給だけで見るのではなく、薬剤師として何をしたいのかを考えて、どこで働くかを決めるべきでしょう。
さらには勤務時間や待遇や、その職場での環境なども影響してきて、給与だけでは決められない面もあります。