Search in:

ボーナス後の転職を成功させたいです

ボーナスをもらってから転職を成功させるには、どうすればいいでしょうか?

ボーナスの時期になると、多くの方が転職を考えます。
それは前もって転職を考えている人も、どうせならボーナスをもらってから転職した方が得だろうと思うからです。
転職するからには、引き継ぎもしっかりと行って、円満に退職をするというのが理想的です。

これは一見すれば社会人としては当たり前のように思えますが、確認不足だったために、ボーナスが支給されずに転職するということもあります。
通常は夏冬の2回がボーナスであり、6ヶ月ずつの勤務の後に支払われます。
この6ヶ月は算定期間が法律では決められていますが、職場によってカウントの仕方が多少違っており、転職の時期によっては6ヶ月に満たず支払われないと言うこともあります。

企業ごとに条件が違いますので、支給額や支給されないことに不満があっても、それらを覆すことはほとんど出来ません。
さらに中小の薬局となると、規定が曖昧であることが多いので、賞与に関する規定がなく、経営者の判断で支給するかどうか決められることもあります。

ボーナスをもらってから転職するなら、一番確実なのは受け取ってから退職することです。
まずはどのよう規定になっているのか、いつまで働けばボーナス支給の対象となるのかを調べるべきです。

ボーナスをもらうには、いつ退職を伝えるべきでしょうか?

就業規則に算出期間の規定や支給のルールがあるなら、算出期間中に在籍していれば支給対象となります。
職場にとっては将来的な企業への貢献の期待が金額に含まれていることがありますので、退職するとなるとボーナスの額が減る場合はあります。
また支給日に在籍していることと規定している企業もあり、その場合は支給日以前に退職すると支払われません。
中途入社した場合も、算出期間を満たしていないことがあり注意が必要です。

支給のルールが明確でなく企業の場合は、支給前に退職の意思を伝えると、支給額が減らされたり支給されないことがあります。
そのようなところはもらってから意思表示した方がいいです。

しかしボーナス時期は退職者の出やすい時期でもあり、職場でも何人か一緒に退職していくようなこともあります。
このためにボーナス時期は退職希望者を強く引き留めるようなこともあります。
さらには後任が決まっていない状況や、引き継ぎを行っていないような場合は、退職までに少し時間を持たせるようなケースもあります。
転職するには、まずはある程度時間に余裕を持って行った方が、予想しなかったようなこともなくスムーズに行えます。