Search in:

薬剤師の転職する条件ってなんですか?

転職では給与はどうなるのでしょうか?

薬剤師の方が転職する場合に、多くの方が考えるのが給与のことです。
調剤薬局での仕事内容はどこの薬局でもほとんど変わりませんので、考えるとなると給与のことを考える人は多いでしょう。
どの職場でも他の仕事と比べると、給与水準は高いので、問題はどこで働くかということになります。

給与のことを考えると、やはり給与アップを目指して転職をするという方が多いです。
しかし給与のことを考える場合には、目先のことに捉われずに、職場の雰囲気や通勤までの距離なども考慮すべきです。
薬剤師は不足していますので、転職時の条件として高収入を条件とするようなところも多いですが、入社後にその給与がどうなっていくか、職場は働きやすいのかということが重要です。

職場によっては転職時に給与は高くても、その後の伸び率は低く、数年経つと不満がまた出てしまうということになりかねません。
生涯年収としてどれぐらい稼げるかを見るべきであり、転職時の給与が低くても数年で大幅に高くなるような企業もあります。
または場合によっては、転職活動はせずに、今の職場に勤めて給与が上がるのを期待するという選択肢もあります。

仕事内容で重視すべき点は何ですか?

薬剤師は給与は高いですが、仕事でやりがいを見つけるには、どのような仕事をするかも重要です。
医薬品は日々進歩しており、時には薬剤師として薬の勉強をしなければならないような時もあります。
しかしながら職場によっては、勉強をしてもそれを活かせずに、調剤などの仕事を続けていくような場合もあります。

求人内容を見ても、一般的な業務内容しか書いておらず、それを見るだけではどのような仕事なのか詳細まではわからないことも多いです。
そんなときは是非とも転職エージェントを利用して、具体的な仕事内容を知った上で転職先を探すと良いでしょう。

また薬剤師が働ける場所は沢山あります。
一般的には調剤薬局やドラッグストアなどとなりますが、その他に病院や製薬会社や介護現場などもあり、何をしたいのかで転職先も決まってきます。
最近は在宅医療に薬剤師が求められていたり、かかりつけ薬剤師制度によっていままでと薬剤師の役割が変わってきたりと、薬剤師を取り巻く環境も変化してきています。

このために、今とは違った役割の仕事をするような場合もあり、キャリアアップやスキルアップを目指すなら、何をしたいかをまずは考えるべきです。
もちろん給与なども転職をする場合は重要となりますが、気に入った職場があれば、その職場ではどのような仕事をするのか調べると良いでしょう。
その上で調べて把握して、そこに転職するかどうか決めるべきです。