Search in:

ブランクを克服するには?

出産で一時的に職場を離れました。復帰したいですがブランクが怖いです。克服するにはどうすればいいでしょうか?

ブランクのある方が薬剤師として復帰するには、正社員として働こうとしないことです。
正社員の場合は時間の都合が付かず、毎日フルタイムで働かないといけません。
ブランクで体が慣れていない状態で、正社員になると仕事についていけずに辞めることもあります。
まずはパートやアルバイト、場合によっては派遣社員での応募も考えるべきです。

ブランクがあると業務スキルも忘れていることが多く、忘れたことは誰かに聞くようなことがあります。
これが正社員だと正社員なのに、と思われてしまうようなことがあり、仕事に自信がないならやはり正社員以外の働き方で復帰すべきです。
まずは試しに働くということをして、薬剤師としての能力が落ちていないのかを職場で確かめましょう。

しかし正社員で働いても体力的に大丈夫だ、スキルも自身があり大丈夫だという方は、ブランク後すぐに正社員になっても良いでしょう。
もちろん正社員の方が年収で見ると、パートやアルバイトよりも多いので、家計を助けるには正社員が理想的です。
それはあなたの体やスキルと相談して、どの立場で働くかを決めましょう。

ブランク後の復帰を成功させるためのポイントは何ですか?

ブランクのある方は、復帰して以前のように働けるかというのが一番の心配でしょう。
復帰後に失敗しないかが気がかりなところです。
それはどこで働くか、職場選びも重要です。

総合病院などの門前薬局は避けるべきです。
このようなところの薬局は扱う医薬品の数も多く、処方箋も多いので、必然的に忙しくなります。
そのためにブランク後の薬剤師にとっては大変な仕事となるでしょう。

このように考えると、扱う医薬品数が比較的少なく、処方箋の数も少ない開業医などの個人医院の近くの薬局がおすすめです。
出来れば内科などの近くではなく、眼科や皮膚科や耳鼻科などの特定の病状を扱う医院の近くにすれば、処方箋の数も少なく、それほど忙しくないです。

どうしても大きな病院の薬局となると、外来患者の全てが近くの薬局に来る可能性があります。
それは総合病院だと、内科も整形外科も耳鼻科も皮膚科も小児科もすべての人が訪れます。
そのような全ての処方箋に対応しなければならず、扱う医薬品も多いので忙しく大変です。
このようなところはブランクあけの薬剤師にはおすすめできません。
しかし扱う医薬品は多いですが、そのすべての医薬品の知識を身につけておかねばならず、スキルアップを目指すような薬剤師の方には良いかもしれません。
ブランク復帰後に仕事に慣れてきたら、このような場所を目指しても良いでしょう。