Search in:

MR職の役割・やりがいってなんですか?

MRの役割ってなんでしょうか?

医薬品情報を担当するMRは、製薬会社の薬についてもっとも詳しい人物となります。
薬の使い方や効能、ジェネリック医薬品などの代替薬品などの情報を医師に提供し、医療現場を支えるのが役割です。
特に新薬となると、その効能や使い方は医師は知らないので、まずは教えることから始まります。

MRは医師や看護師のように直接患者さんに関わることはありません。
しかし、紹介した薬や時には画期的な新薬があったりして、患者さんの病気が治ったり、ジェネリック医薬品によって患者さんの経済的負担が減ることもあります。
そのために間接的に関わりとなってはいますが、とても重要な役割を持っています。

製薬会社が開発した薬は動物実験や治験によって安全性は確認されていますが、それは人が使うと個人差が出てきます。
もしも副作用が見つかれば、いち早く製薬会社にフィードバックしないといけません。
しかし直接患者さんからMRへその情報は流れません。
まずは患者さんから医師や看護師に伝わり、そしてそこからMRへと伝えられ、最後に製薬会社に伝わるのです。

副作用が見つかれば厚生労働省へ報告しないければならず、さらには健康被害が出る前に対策も必要です。
その行動を如何に素早く行うかは、MRがどのように動くかでも決まってきて、薬を安全に管理するのもMRの役目となります。
一歩対応を間違えれば、健康被害が一気に広がる危険もあり、それを防ぐための適切な対応が出来るようMRが関わっていくとも重要です。

MRのやりがいって何?

やはりやりがいとしては、進化していく薬に携われることがあります。
日々医薬品も進化しており、今まで治らなかった病気を治せるような薬も出てきます。
そのような薬を、MRは製薬会社と病院の橋渡し役として関わっていきます。
開発された薬となると何千ともなるような場合もあり、それらの効能や使い方をMRは把握し、病院に紹介します。
そして紹介した薬によって、患者さんの容体が改善されれば、MRとしてやってきて良かったと実感できます。

また専門職なので、日々開発される薬に関われるのも面白いです。
よりよい薬を提供するためには、病気や怪我の知識も必要となり、さらには開発された薬の知識も必要です。
常に色々と勉強していかないとやっていけない仕事ではありますが、向上心を持って仕事をしていきたいと思う人には最適です。

漠然と与えられた仕事だけをするのではなく、薬のスペシャリストとして、自分を磨いて仕事をしていくこともできます。
このような仕事なので、男性のみならず女性でも行うことが出来、実際に多くのMRの方がいます。
仕事をしていくとなると、毎日薬の勉強は欠かせず大変ですが、勉強をして極めていけば仕事もしやすくなります。