Search in:

在宅医療と薬剤師の今後は?

在宅医療に薬剤師は関わりがありますか?

在宅医療というと、医師や看護師や医療スタッフが、患者さんの自宅に行って治療を行うことです。
高齢者などなかなか病院に行けないような人が利用しており、定期的に医療関係者が訪問します。
在宅介護と似ており、実際に医師などが薬を持って自宅まで届けることもあります。

ただし今までの在宅医療では大きな問題があり、それは薬を使用する現場でありながら、薬剤師が関わっていなかったという点です。
薬を届けて服用してもらうにしても、薬を扱うのは看護スタッフなどであり、十分に薬に関する知識のないまま服用させていました。

たとえば錠剤のままでは飲み込めないという患者さんには、砕いて与えていたなどのことがあり、これは良くないことです。
錠剤を砕けば薬の効果が強まったりもしくは弱まったりして、副作用を余計に誘発する危険があります。
錠剤ならゼリーなどを使用して、必ずそのまま服用させるべきです。
このようなことがあるので、正しい知識をもった薬剤師が在宅医療現場に行って、服薬指導を行うべきなのです。

在宅医療現場での薬剤師の役割は何ですか?

在宅医療現場では、薬剤師は薬のエキスパートとしての役割を持ちます。
患者さんへの正しい服薬指導の他に、患者さんやその家族からの薬に関する相談を行ったりアドバイスをしたりします。
さらには、医師が服薬計画を立てるときに、参考意見を言ったりして計画作成に関わることもあります。
時には医師や看護師を交えたミーティングにも参加します。
そして在宅医療で患者さん宅へ訪れたあとは、服薬指導を行い、その内容を医師や看護師に伝えてフィードバックします。

今まで服薬は看護師などが行っていたので、これを薬剤師が行うのはとても意味のあることです。
薬剤師が在宅医療に関わるようになれば、点滴などの無菌調剤を行うこともありますので、薬局では行わないようなこともします。
当然ながら無菌調剤の知識がないと勤まりません。

実際に患者さんと直に接して服薬指導を行っていきますので、調剤薬局ではわからないようなこともわかってきます。
患者さんが薬に対してどのような思いを持っているのか、薬剤師に対してどう思っているのかもわかるようになります。
また薬局以外の現場にも行きますので、仕事の幅が広がります。

ただし仕事をするとなると、薬剤師一人だけでは決定できないことも多くなり、より積極的に医師や看護師と関わって意見交換することも求められます。
在宅医療に薬剤師が関わっていくと、今まで調剤薬局のみで行っていた仕事内容とは大幅に違ってきます。
患者さんの薬を直に管理しより密な関係を築くことができ、やりがいも多くなる現場ですが、それ故に責任感も高まる仕事であります。