Search in:

50代薬剤師の平均年収ってどれくらい?

50代の薬剤師の年収はどれぐらい?

薬剤師全体の年収はサラリーマンよりも高く、50代でもそれは同じです。
継続して働いていれば年収も上がっていき、サラリーマンよりも多くなります。
大手製薬会社などで働く場合は年収1,000万円の人もおり、ドラッグストアでも店長クラスで年収700万円を超えるような方もいます。

もちろんこれは勤め先によっても多少の上下はあり、病院の規模や法人かどうか、公共の病院か、大手チェーンか、薬剤師が足りている現場か足りない現場かでも違ってきます。
小さな薬局でも、人手不足だと年収は高くなります。
ドラッグストアは手当が支給されるために、年収は高めになります。
製薬会社に勤めると初任給は低いですが、ベースアップ率が高いので、生涯賃金は医療機関で勤務するよりも高くなります。

年収の高い50代ですが、やはり昔からそこでずっと働いているのか、10年程度しか働いていないのかでも年収は大きく違ってきます。
経験豊富な50代の薬剤師となれば、店長や教育指導という地位もあり、さらに年収は高くなります。
しかし50代は年収のピークとも言われており、60代の退職に向けて、どんどんこれからは年収が減っていきます。
これは他の業種でも同じであり、全体的な傾向です。

50代になると退職金を考えて転職する薬剤師も少なくなく、経験を活かして大病院などで若手教育に行うような人もいます。
この年代になると老後などのこともありますので、ゆっくりと今後のことを考える時期でもあります。

薬剤師の年収は50代以降どうなりますか?

50代は年収のピークであり、一番給料が多い時期です。
しかしそれは今までの働き方に左右され、どこで働くかでも違ってきます。
男性か女性かでも年収は違います。
平均して50代の年収は400万円から800万円ぐらいであり、女性の方が100万円以上も年収は低いです。
女性の方が年収が低いのは、どうしても結婚や出産によって一時的に職場を離れてブランクを作るので、それが影響します。

製薬会社に勤めれば年収1,000万円も可能であり、50代という時期は年収の額に大きな差が生じる時期でもあります。
このためにもっと早い時期からどうするか進路を決めておき、人生計画を立てて仕事をしていった方が、より多く年収を増やすことが出来ます。
もしも50代になっていないような薬剤師の方なら、店長などを目指すのも一つの方法です。

ただし年収ばかりに気をとられるるのではなく、もらったお金の使い方も考えておかなければいけません。
独身時代よりも結婚すれば多くのお金が必要となり、もしかすると収入だけでは賄えないようなこともありえます。
そのために若い段階から貯金や投資信託でお金を増やしていくというのも、将来を安定させる1つの方法です。