Search in:

薬剤師の面接の難易度やポイントは?

人気のところに就職したいですが、面接のコツはありますか?

好条件の職場や人気の職種や人気エリアでは、1つの求人に多くの応募がきます。
そのために、採用担当者は人材を選ぶということを特に意識して、重点的に応募者の履歴書を見ます。
また書類選考後の面接では、質問にどのように答えるかも厳しくチェックします。

このようなことから、通常の職場に就職するよりも、面接は厳しいと考えておくべきです。
面接での質問にも理由を明確にして答えられないとならず、何故その企業を選んだのかを答えられないと不採用となります。
特に何故当社を選びましたか?という質問に対しては、条件が良いだけでは不合格となります。
志望動機や応募した企業の特徴をよく考え、面接対策をしておくべきです。

転職回数が多いのですが、面接では不利にならないでしょうか?

最近は、薬局も経営を見直しており、コスト重視で人を雇う傾向にあります。
コストを考えているので、採用してもすぐに辞めてしまうような人は雇わず、これは履歴書や面接で判断されます。
転職回数が多いような人は、すぐ辞めるだろうと思われるので、よほどの熱意を見せないと採用されるのは難しいです。

就職したら頑張ってくれるのか、家事や育児と両立して働いてくれるのか、などもチェックされます。
この点を見ると、家族持ちで子供のいないような女性は少し不利かもしれません。
また就職後に何を頑張るか、その意欲も伝える必要があります。

このような傾向で面接を行うのは、しっかりとしている薬局であり、コストや人件費のことを考えている薬局ほど、面接も長く働いてくれる人を重視して探します。
逆に言えば、このような薬局は考え方がしっかりとしており、待遇もきちんとしているので、働きやすい場所かもしれません。

面接が不安ですが、どうすればいいでしょうか?

もしも面接が不安である、あまり面接はしたことがないので、緊張せずに自分の魅力を伝えられるか心配だというような場合は、事前準備をするしかありません。
とにかく模擬面接を行って面接に慣れておく、面接でくるだろう質問を予想して回答を考えておく、というのが重要です。
どんなに頑張って準備しても、準備が100出来ても面接では80から最悪50ぐらいしか力が出せないこともあります。
このために、十分すぎるぐらい事前準備はすべきです。

企業によって選考基準や傾向があり、どのような人物を求めているか基準があります。
これは求人情報を見ただけではわかりませんので、応募する企業の傾向や基準を知るなら、是非とも転職エージェントを利用すべきです。
エージェントを利用すれば、その企業の傾向や基準を教えてくれますので、それを元に対策が行えます。