Search in:

個人薬局勤務のいいところを教えて

Q.個人の小さな調剤薬局の求人を見つけました

転職を考えている薬剤師です。

薬剤師としての仕事場所はかなり広くなってきているのを感じますが、先日ある薬剤師専門の求人情報を見ていたところ、個人で経営されている小さな調剤薬局のものを見つけました。

私自身これまでは病院勤務しか経験がなかったので調剤薬局への転職を考えるのは始めてです。

そこでお聞きしたいのですが、同じ調剤薬局にも大手チェーンのものと個人で経営されているものとがありますよね。

スタッフとして勤務をする場合、どちらにどういったメリット・デメリットがあるかを教えてください。

A.個人経営の調剤薬局では経営者の仕事が見えます

調剤薬局というと大手のチェーン企業のものが目立ちますが、大きな病院のすぐそばにあるような調剤薬局の多くは個人経営の小さなお店です。

薬剤師という仕事の魅力の一つが自らの資格を生かした独立開業ができるということです。

薬剤師の免許を取得したあとに病院や他の調剤薬局で業務経験をつみ、そこから独立開業をしていったという人もかなり多く見られます。

スタッフとして個人の調剤薬局に勤務をするメリットは、将来的に独立を考えているときに業務の方法を経営方法から体験することができるということにあります。

大手のチェーンの場合仕事は各支店で統一されているので、経営をするときにどういったことを意識しているかということを肌で感じるのは難しくなります。

ですが個人経営の場合にはどうやって売上を伸ばしていくかということがそのまま経営者の方針から読み取れるので、将来の開業のためのノウハウにたいへんためになります。

また経営者との距離が近くなるため、自分の意見を経営に反映させてもらいやすく、業務の幅を広く経験できるということも大きなメリットです。

それと小さなお店の方が固定費としてかかるコストが低い分、平均的な給与の額が大手チェーンよりも高く設定される傾向にあります。

努力次第でボーナスなどを受けることも十分にできるかと思うので、自分の実力を試したいというときには個人の調剤薬局の方がより好ましい結果が期待できるといえるでしょう。

ただその反面で、経営者との距離が近くなりすぎるので考え方や方針が合えばいいのですが、合わない場合には非常に窮屈な状態で仕事をしていかないといけなくなります。

少人数で営業しているような調剤薬局の場合などには一人ずつの仕事の負担が大きくなり、有給や長期休暇が取りづらくなってしまうということもデメリットになります。

質問者さんが面接などを通してよい経営者の方と感じる方と出会えたなら、個人系の調剤薬局はかなりおすすめの転職先となります。