Search in:

薬剤師で公務員として働くことはできる?

Q.安定的な公務員として働きたい

薬剤師になるためには6年という長い学習課程が必要ですよね。

かなり難しい勉強と試験を通る仕事なので、できることなら就職先としては一生安定的な環境で勤務をすることができる公務員になりたいと考えています。

一般的な薬剤師としての仕事は病院や調剤薬局、ドラッグストアなどですが、公務員として薬剤師資格を生かして勤務をする方法はないのでしょうか?

現在学生ですが将来のために勉強をすることは全く構いませんので、最終的に公務員になれるということなら数年浪人をしてでもという覚悟があります。

薬剤師資格の他に必要な資格や勤務経験があったらそちらも合わせて教えてください。

A.国家公務員と地方公務員があります

薬剤師の資格が必要な公務員の仕事はそれほど有名ではありませんがいくつか存在しています。

まず厚生労働省に勤務をして、薬事や医療に関する法令を作るといった仕事があります。

こちらは病院や調剤薬局のように処方箋を見ながら薬を調合していくといったことはせず、あくまでも薬学の知識を生かして法律を作るといった机上の業務が通常になります。

薬学

そのため薬剤師の資格だけでは勤務ができず、その他に国家公務員1種もしくは2種に合格をしてからそれらの業務を担当する部署に配置されるようになります。

国家公務員1種は相当の難関資格なので、薬剤師の国家試験以上に勉強をしていかないといけないでしょう。

国家公務員だけでなく、地方公務員として勤務をする方法もあります。

地方公務員の場合には地域の保険・医療関連の行政に直接携わることとなり、勤務先は公立病院や保健所といった施設になります。

地域の健康維持のための施策を考えたり、感染症など危険が迫ったときにどう住民を守るかといったことを行政組織の一員として実行していきます。

ですので薬剤師として学んだ知識を生かしての業務を公務員として実行していきたいということなら国家公務員よりも地方公務員の方が適していると言えるでしょう。

地方公務員として勤務をする場合にも、薬剤師の資格の他に公務員試験を受験しさらに採用試験を受けなくてはいけません。

養護教諭や保健師も同じようなルートとなるのですが、就職のためにはかなりたくさんの試験対策をしないといけないことは理解しておきましょう。

薬学部在学中は薬学の仕事だけでかなり忙しいので、本格的に公務員採用を目指す場合は1~2年留年をするかもしくは一旦別の仕事に就いてから公務員試験を目指すというケースも多く見られます。

地方公務員として勤務をする薬剤師の仕事としては、衛生管理の他に地域で使用される薬品についての管理を担当することが多いようです。

危険ドラッグなどの薬物対策や、農薬やプールの消毒のような一般に使用される薬品の管理、または地域の飲食店での衛生対策についての業務をしていきます。

保健所での仕事の他に、衛生研究を行う公的施設もありそちらでは地域の水質を調査してそこにいる微生物の危険性を調べたり、農作物の安全性を調べたりしていきます。

公立病院で一般の病院同様処方箋に基づく調剤業務をするという公務員職もあるにはあるのですが、近年では医療費削減のため薬剤師の業務は外部の民間団体に委託するケースが増えているので、これから勉強をして就職をするということでは相当数は絞られてしまうことになるかと思います。